友人挨拶を頼まれた時の内容とは

gf1120107989w結婚式は誰もが幸せを実感することができる特別な日です。
大好きな人との永遠の愛を誓い合い、新しい家庭を築く始まりの日でもあります。
結婚式では今まで育ててくれた両親はもちろんのこと、普段お世話になっている人を招待し、結婚の挨拶をします。
そして友人の結婚式に出席するとまれに友人挨拶を頼まれることがあります。
たくさんの友人を代表をして挨拶をするので責任が重大な仕事です。
挨拶の内容としては新郎新婦とどのような関係であるかを説明したあと、夫婦のよい部分をたくさんの人に知ってもらうためにスピーチします。
新郎や新婦と今まで共に育んできた思い出などを話し、そして結婚する夫婦がとてもいい夫婦であることをたくさんの人にアピールします。
そして誰もが二人の幸せを願っているということを夫婦2人に向けて話し、幸せを祈ります。
これから夫婦となる二人が今までお世話になった人達が集まっているので、その人たちにより夫婦のよさをわかってもらう機会となります。
重要なことはそれぞれのよい部分を説明し、二人だったら素敵な家庭を築くことができるということを話す部分です。
出席した人に二人を知ってもらいこれからも応援してもらえるように話すことで大切な仕事が終わります。

コメントは受け付けていません。