意外と知らない離婚のマナー

gf0780078654l離婚をする際にもマナーが必要になってきます。ここでは、どんなことに注意するべきかをご紹介します。
まず相手に対してですが、当たり前の話ですが相手への嫌がらせなどはやめましょう。処理は事務的に済ませた方がダメージは小さくなるでしょう。扶養義務などは必ず果たしましょう。
親への報告はしない人はいないでしょうが、早めにしておきましょう。親戚などへの連絡は親と相談しながら折を見ていつするか決めましょう。
結婚報告と同様、家庭環境が変わりますので、職場への報告は必須でしょう。隠し通せるものでもなく、後回しにすれば周囲に迷惑をかけることになります。決定事項になったときには、なるべく早くに直属の上司へ報告しましょう。その後、手続きの担当者にも一言あいさつをしておきましょう。同僚へは折を見てから話すようにします。
報告の際には、理由などは価値観の違いなど当たり障りのないものにしておきましょう。相手に原因がある場合でもそれを言いふらさないようにしましょう。噂話は大抵大きくなりがちです。職場にいづらくなるのを避けるためにも、具体的な話は言わない方が吉です。重い愚痴も職場の雰囲気にかかわってきますので、避けましょう。

コメントは受け付けていません。